偉大なる師 パンディット・シヴクマール・シャルマ

** Pt.ShivKumar Sharma & Rahul Sharma **
偉大なる師 パンディット・シヴクマール・シャルマ
shivjikobe90.jpg
シヴ・クマール・シャルマは、1938年インド北部カシミール州
ジャンムーに生まれ、著名な音楽家だった父ウマシャドット・シャルマのもとで、
幼少より声楽とタブラの英才教育を受けた。

ほどなくサントゥールを学び初めたシャルマは、  
長い歴史を持ちながら当時はもっぱら歌の伴奏用であったこの楽器の、新たな可能性に着眼した。

すなわち彼は、サントゥールの音域を3オクターブまで増やし、フレットの数を増やすなどの改良を加えることによって、楽器自体の表現力を飛躍的に拡大し独自に編み出した新奏法をふんだんに取り入れることによって
民族楽器としてのサントゥールを古典楽器の代表にまで高めたのである。

しかも古典の世界に留まることなく、絶え間ない研鑽によって清新な息吹を吹き込んだ彼特有の華麗なスタイルは、世界中で絶賛され、最高の人気を誇る所以である。

1955年にボンベイでデビューして以来、インドはもとより、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなど世界各地に招かれて演奏を重ねる。

1968年には、アルバム「CALL OF THE VALLEY」でインド・グラモフォンの
プラチナ・ディスクを受賞。世界中にその名が広く知られる所となる。
その他、サンギート・ナタック・アカデミー賞をはじめ、国際的な数々の賞を受賞。

世界各地でのホールを揺るがさんばかりの反響を呼んだ数々のコンサートは伝説的でさえあり、まさに天才の名に恥じることのない名演奏家である。

2001年1月、インド大統領より、「パデゥマ・ビブシャン=国民栄誉賞」を授与される。

映画「リトル・ブッダ」(1993年イギリス/フランス映画・ベルナルド・ベルトリッチ監督)の中で、1シーンに挿入曲としてシャルマ師のサントゥールが流れ、その優美な曲調が作品に美しい効果を添えている。  

シャルマ師 HP   http://www.santoor.com/


shiv_rahul2.jpg
すばらしい後継者である愛息ラフル・シャルマと。
2001,2007,2010年の日本公演では共に来日、演奏し、
ピッタリと息のあった親子共演を聞かせてくれた。

   *** ラフル・シャルマ プロフィール ***
12才の頃から、父シヴ・クマール・シャルマの下でサントゥールを学びはじめ、24才でデビュー公演を果たした。
父から受け継いだその豊かな才能によってわずか2年も経たないうちにラフルはインドの若い世代のミュージシャンを代表する存在にまでなり、現在はインド国内に留まらず国際的な音楽家として幅広く活躍している。
父シャルマの精神を受け継いで、古典のスタイルの革新と、様々な実験的奏法へのあくなき好奇心に溢れており、映画音楽の監修や、サントゥールを取り入れた現代音楽の作曲活動においてもリチャード・クレイダーマンと共演のCDを製作するなど、大きな成功を収めている。

Rahul Sharma HP--- http://www.rahulsantoor.com/



    


この記事へのコメント

スポンサーリンク